ネットいじめ/ネット依存/ネット人権研修

ひかりばは、”ネッいじめ/ネット依存及びネット人権等のネットトラブル”の本質的な問題解決をサポートします。

”いじめ”は内容によってはれっきとした犯罪行為です。同時に人としての倫理観や道徳観、価値観から起因しているケースもあり、表層的な対処療法だけでは本質解決に至らないことが多いのが現状です。

携帯/スマホの普及に伴い、”いじめ”の舞台もネット上に移行し、人の目に触れないところで24時間”いじめ”という名の犯罪行為が行われる環境にあります。”ネットいじめ”は「即時性」と「早期深刻化」という新たな課題をもたらしています。

目の前の事象に対処をしつつも、ネットいじめ(事象)の根本原因の調査検証、解決策の検討、具体的な対策実行プログラム及び実行支援(アドバイス)を行うプロジェクトチームが必要と考え、「ネットいじめ問題解決プロジェクトチーム」を起ち上げました。

本質的問題解決の一つの手段でもある”ICTリテラシー/モラル向上”のサポートプログラムも研究開発し、提供してまいります。

教育関係機関や保護者、地域を支える大人へのアドバイスと共に、企業内やコミュニティでの”いじめ”という犯罪行為の問題に類する課題解決もサポートします。

個人(未成年の学生)の”いじめ”や”ネットいじめ”の相談・対応、いじめの温床となる”ネット依存”の相談および対応アドバイスもしており、未成年の学生を対象とする「メールでのご相談」に関しては、原則”無料”で対応させていただいております。個人(未成年の学生)のご相談の際はお問合せ/ご相談フォームからお願いします。
※医療機関(病的な依存症と思われる状況)および司法関連(犯罪・犯罪に類する行為や命に関わるご相談等)に関連するご相談内容であると判断した場合は、専門機関のご紹介に留めさせていただきます。

なお、極力、早期のお返事を心掛けておりますが、対応リソースが限られる都合上、ご連絡いただいてから3日程度、お時間をいただく場合がございます点はご理解の上、ご連絡いただければ幸いです。
3日を過ぎても返信が無い場合は、ご相談時フォーム入力時のメールアドレス間違いもしくはシステム上のトラブル等が考えられますので、お手数をおかけいたしますが、再度、お問合せ/ご相談フォームよりご連絡いただければ幸いです。

教育機関、自治体、PTA、企業の福利厚生等の講演・研修についてのご相談(有償)もお問合せ/ご相談フォームよりご連絡いただければ幸いです。

2016年9月11日
ひかりば代表
ネットいじめ問題解決プロジェクトチーム
ネット依存問題解決プロジェクトチーム
原田光久